歯科医開業の参考情報をお届けします!

>

歯医者の開業時に注意したいポイント

この記事をシェアする

開業後の資金計画が重要

当然、お金は歯科医院の新規開業でもベースになります。特に、歯科医院が開業後しばらくの間赤字になりやすいというのはもはや常識であり、開業資金をどれだけ準備できるか、ということがひとつのポイントになります。自由診療も重要です。保険診療のみではどうしても歯科医院としての収入が少なくなってしまい、まとまった収入源を確保しにくくなってしまいます。結局のところ、現在成功している歯科医院は自由診療をほどよく取り入れており、先端医療によって患者にアピールしています。自由診療では歯科医としてのより高いスキルが求められます。歯科医院の開業後も学会など、スキルを向上させる多くの機会がありますので、自己研鑽を忘れないでください。

経営スキルも重要

歯科医院はビジネスモデルとしても非常に合理的であると言われています。独立開業する以上、歯科医には診療スキルだけでなく経営の知識も重要であると言われています。すべてのビジネスには、「意味のあるコスト」と「意味のないコスト」があります。意味のないコストをできるかぎり減らすことが経営の基本であり、「このコストは本当に合理的であるか、という視点を常に持っておくことで無駄なコストを省くことができます。経営者としての視点を得るには、新規のシステム導入にどれくらいの費用がかかり、どの程度のリターンが期待できるのか、ということを認識する必要があります。歯科医院は比較的小規模からでも開業しやすく、立地次第ではリピーターも途切れない、という大きなメリットがあります。